首のポツポツに効果的なシルキースワンの成分とは?

気になる首のポツポツと、サヨナラできる!?

首元用美容ジェル・シルキースワンには、いったいどんな成分が配合されているのでしょうか?
ポイントとなるのは、以下の3つの成分のようですね。

 ①ダブルヨクイニン(ヨクイニンエキスとハトムギ種子エキス)
 ②オウバクエキス
 ③ヨーロッパブナ芽エキス

聞いたことがあるような、ないような・・・(笑)
そんな感じの成分ですが、シルキースワンには厳選された美容成分が、ぜいたくに配合されています。

では、これらの成分は、いったい首イボにどんな効果をもたらすのでしょうか。

f:id:charming30:20160213211803j:plain

シルキースワンのこだわりぬいた厳選原料のヒミツとは!?

まず、ダブルパワーのヨクイニンエキスとハトムギ種子エキスについてですが、これは皮膚のコンディショニング剤として活躍します。

ヨクイニンは、ハトムギの種に含まれています。

ハトムギは肌にいい・・・
そんな話を、聞いたことはありませんか?

美肌効果はもちろん、便秘解消や生活習慣病の予防、そのほかアレルギーを抑制するなどの効果があります。
また昔から「ハトムギにはイボ取り効果がある」とも言われていますね。

このハトムギ(ヨクイニン)エキスは、皮膚の再生に役立ち、保湿や皮膚の柔軟化などに使われます。
炎症を消す働きも持っているんですよ。

ちなみに、アクアビューティーの艶つや習慣でもおなじみの成分ですね。
首のポツポツケアには、欠かせない成分ということなのでしょう。

f:id:charming30:20160213212750j:plain

さて、次にオウバクエキスですが、これは炎症を鎮静化したり、かゆみや吹き出物の軽減に有効な生薬です。
肌のトラブルに対応してくれる、頼もしい成分と言えるでしょう。

ヨーロッパブナ芽エキスは、ブナの木の芽から抽出されるエキスのことですね。
肌のターンオーバーを正常化させ、保湿の促進やシワの減少などに効果を発揮する成分です。

シルキースワンには、このほかにも抗酸化剤の役割を果たすチャカテキンや、テトラーキシルデカン酸アスコルビル(絶対に覚えられませんね!)という、油溶性のビタミンC誘導体が配合されています。

美白効果や功老化効果が期待できるというわけですね。

シルキースワンの美容成分は、まだまだあります。

 ・オウゴン根エキス
 ・プラセンタエキス
 ・加水分解コラーゲン
 ・ヒアルロン酸Na
 ・ダイズ種子エキス
 ・カンゾウ根エキス
 ・スクワラン
 ・杏仁油
 ・ドクダミエキス

と、イ~ッパイ!!

これだけ見ると、「艶つや習慣よりも効きそう!?」と思っちゃいますよね。(笑)
お値段も、艶つや習慣より高いです。

個人的には、シルキースワンと艶つや習慣、どちらもそれなりの効果があるだろうと思っています。

ただ、やはり化粧品・・・
それぞれに、合う人と合わない人がいるでしょうね。

次回からは、シルキースワンの口コミと評判をまとめていきたいと思います。
私の艶つや習慣の体験談などもご紹介していきますので、どうぞお楽しみに♪

それぞれの公式ページは、コチラ!

⇒ シルキースワン

⇒ 艶つや習慣

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



ブログランキングならblogram