首イボは皮膚科に行った方が早い?こんな治療法あんな治療法

首のポツポツが気になって、現在アクアビューティーの艶つや習慣を試している私。
シルキースワンと迷って、こちらを選びましたが・・・
これでダメなら、素直に皮膚科に行こうと考えています。

ちなみに、私の妹と知人は、実際に皮膚科で首イボの治療を受けました。

首イボの治療といっても、その方法は1つではありません。
妹と知人は、全く別の治療法で首イボを取ったんですよ。

ここでは、代表的なものを4つご紹介させていただきますね。

皮膚科で首イボを治療するなら、こんな方法がある!

まず、1つ目。
ハサミで切除するという方法です。

眉用ハサミのような医療用ハサミを使って、イボを根本から切り取ります。

ちょっと怖いですが、痛みは殆どないようですよ。
少しチクッとする程度だそうです。

ある方の体験談では、5分間ドクターの切り放題で、1,500円だったということでした。
(ということは、ドクターの腕次第で、処置できる数が違うということですね!)

何とも原始的ですが、その後、再発もせずシミにもならなかったということですから、なかなかいい治療法なのでしょう。

イボを切除した後は、化膿止めの軟膏を塗り、絆創膏を貼ります。

アクロコルドンやスキンタッグには、よく使われる治療法です。

2つ目は、液体窒素を使った治療法です。

特殊なピンセットを、-196℃の液体窒素で冷却します。

そのピンセットで、摘めるイボは摘んで、平たいイボには押し当てて、急速に冷凍します。
これによって、イボの中の細胞が懐死するのだそうです。

この懐死したイボは、1~2週間後にカサブタとなってポロリと落ちます。

小さいイボなら、1回の治療で取れることも多いですが、大きめのイボはこれを数回繰り返す必要があります。

首イボの数がが沢山ある場合は、1度に全ての首イボを治療するのではなく、数回に分けて行うことが多いようです。
皮膚への負担もありますからね。

液体窒素による治療法も、アクロコルドンやスキンタッグによく使われます。

ちなみに、ハサミによる切除と液体窒素よる治療法は、どちらも保険が効きます。

f:id:charming30:20160218193005j:plain

保険が効かない・・・と言えば、やはりコレでしょう!
3つ目の、炭酸ガスレーザーによる治療法です。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)で、イボの組織を蒸発させるという方法です。
1個のアクロコルドンやスキンタッグは、ものの数秒で治療できるそうです。

小さめのイボが沢山ある場合は、貼る麻酔剤を使うそうですが、大きめのイボとなると、注射で局部麻酔をするようですね。

一週間くらいで、カサブタになって取れます。

アクロコルドンやスキンタッグ、軟性繊維腫(小さめのもの)に使われます。

保険が効かない自由診療なので、治療費は病院によって異なります。

私の妹は、美容皮膚科でこの炭酸ガスレーザー治療を受けました。
知人の方は「保険の範囲内で」と、液体窒素による治療を選びましたね。

どの治療法がいいかは、やはり本人次第ですから、色々な面からベストなものを選んで下さい。

最後に、4つめの治療法ですが、これは手術による切除になります。

大きめの軟性線維腫や懸垂性線維種の場合は、手術もあり得るということですね。

局所麻酔をして、メスでイボを根元から切り取り、傷口を縫い合わせます。

手術と聞くと、ちょっとビックリしてしまいますが、簡単なものですのでご安心下さい。
もちろん、保険が適用される治療法です。

皮膚科での首イボの治療法で、代表的なものをご紹介させていただきました。
いかがでしたか?

私も、もしかたらお世話になるかもしれないので、色々と勉強中です。(苦笑)

それぞれの公式ページは、コチラ!

⇒ シルキースワン

⇒ 艶つや習慣

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



ブログランキングならblogram