シルキースワンや艶つや習慣に副作用ってあるの?

当サイトでは、ポツポツ(首イボ)ケアにいいと言われている「シルキースワン」「艶つや習慣」の比較を中心に、ご紹介しています。

最初は、「どっちがいいのかな~?」と迷いに迷い・・・(笑)
容量と値段で、「艶つや習慣」の方を選びました。

そして、その選択は間違ってはいなかったようです。
私は、「艶つや習慣」の使用を開始してから、わずか一週間で首イボが取れ始めましたから♪

ただ、「シルキースワン」を試さずに、人様に「艶つや習慣の方がいいですよ!」とは言えません。
で、結局両方を試してみることに・・・

結果は、やはり「艶つや習慣」に軍配が上がりました。

「シルキースワン」も、とてもいい商品なのですが・・・
半年近く使っても、首イボへの効果は全く分からなかったんですよね。
(むしろ、首の乾燥やシワ対策にいいのではないでしょうか。)

化粧品ですので、個人差はあると思います。
しかし、ここまでハッキリとした効果の違いが出ると、やはり「首イボには、艶つや習慣!」というのが、私の見解ですね。

さて、今回は、「シルキースワン」と「艶つや習慣」の副作用について、考えてみたいと思います。
皆さん、意外と心配されているようですね。

シルキースワンと艶つや習慣の副作用について

まず、ここで申し上げておきますが、「シルキースワン」や「艶つや習慣」に、副作用の心配はありません。

どちらも、薬ではなく化粧品です。
また、天然の成分を配合した安全性の高いものなので、過剰に副作用を心配する必要はないと思います。

ただ、今回この記事を書くキッカケになったのは、ある友人の言葉でした。

「首イボが一週間で取れるなんて、怖くない?副作用とか、ないの!?」

私が「「艶つや習慣で、首イボがこんな風に取れたんだよ」と力説したところ、ある友人がこんなことを言ったのです。

彼女曰く、「効果が高いほど、副作用があるのでは?」と思うのだとか。
・・・ナルホド、そういう考え方もあるんですね。

「シルキースワン」や「艶つや習慣」に副作用はありませんが、「肌に合わない」ということはあります。

使用する人の肌に合わなければ、赤みや痒みが出たり、酷い場合はカブレたりという症状が出てしまいますよね。

私自身、乾燥肌+敏感肌+若干アトピー持ちという肌質のため、今まで合わない化粧品で痛い目をみたことは、何回もあります。

なので、心配な場合は、パッチテストをしてから使うようにしています。

簡単なパッチテストのやり方は、以下の通り。

①該当の化粧品を、二の腕や太ももの内側などの、皮膚の柔らかい部分に塗る。
②24時間様子を見て、赤みや痒みなどの反応が出ないか、チェックする。

私は、「シルキースワン」と「艶つや習慣」の両方とも、気持ちよく使用することができました。
効果に違いはありましたが、どちらの化粧品も自分には合っていたようです。

ただ、若干気になる点があります。
イボ取り効果の高い化粧品には、ハトムギエキスを使用していることが多いです。
イネ科のアレルギーや小麦アレルギーをお持ちの方は、ちょっと注意をした方がいいかもしれません。

どうか副作用の心配はせずに、気持ちよく首イボのケアをしていって下さいね!

当サイトが一押しでオススメするのは、やっぱりコレです!

艶つや習慣の購入は、コチラ! ⇒ 艶つや習慣

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



ブログランキングならblogram